タケヤパンのアイコン社長挨拶

代表取締役社長 武藤真人

代表取締役社長 武藤真人

昭和26年2月1日。秋田駅前の通称銀座通り。この一角に開いた小さなパン屋から「たけや製パン」の歴史は始まります。従業員は社長以下3人。機械と名のつくものは中古の電気窯のみ。しかし、しばらくするとその窯で焼き上げたパンは評判を呼び、それこそ飛ぶように売れました。以来、いくつかの困難はあったものの、新工場を建設し、販路を拡大するなど着実に実績を重ね、30年代後期には秋田の製パン業界をリードするまでになったのです。そして、製パン事業を核として、和・洋菓子事業、コンビニエンスストアの店舗開発事業などの事業展開を図り、人々の食生活に広く関わってきました。

この成長の背景には、創業より貫いてきたひとつの思いがあります。それは、従来のパンづくりの常識にとらわれることなく、あくまで消費者の要求に添ったパンをつくり、どこまでもおいしさを追求するということです。「消費者がほしいと思うパンはどんなパンか」、「おいしいパンをつくるにはどうしたらいいか」と、たけやはいつも考えてきました。それはまた、常に時代の価値観や社会の動きを敏感に察知し、自分達の技術力や想像力を高める努力を休まず続けることでもあったのです。「良品廉価、顧客本位」-。このたけやの基本である姿勢を堅持するために、「たけや」はさらに、もっと、いつも上を目指して歩んでいきます。